STAFF BLOGスタッフブログ

スタッフブログ

書いている人

スタッフ複数名で担当します。
それぞれに様々な悲喜交々を徒然なるままに…

2021年04月26日

商品紹介

フレンチプレスはじめました


皆さんこんにちは

朝晩は涼しいものの、日中は熱くなってきましたね。
今日は天気もいいので食後のコーヒーを淹れてみました。

本日のお供達

コーヒー豆がだいぶ減ってきたなぁ



先ずはお湯を沸かしていきます

使うのは「MSR ウインドバーナー パーソナルストーブシステム」です。



点火状況はバーナーメッシュの金属線で分かります

赤熱しているのが、おわかりいただけただろうか…



お湯を沸かしている間にコーヒー豆を挽きます

コーヒービーンズキュニスターにはナルゲンボトルを使っています。
軽くて丈夫で漏れないのでとても便利です。
我が家では「無洗米入れ」「食器用洗剤のミニボトル+スポンジ入れ」など、
食品容器にとどまらず活躍しています。



さて、本日の主役

KINTO CAFEPRESSは手軽にフレンチプレスを楽しめるマグカップです。



まず、パーツに分けていきます

断熱二重構造のマグカップ、プランジャー(濾し器)、フタに分けられます。



カップにコーヒーの粉を入れます

ちなみに挽き具合は、粗挽き~中挽きが良いそうです。
あまり細く引いてしまうと細かい粉が濾せないらしいです。



モタモタしているとお湯を沸きました

素早く沸く割にガスの消費は多くなく、とっても優秀君です。



コーヒーの粉の入ったカップにお湯を注ぎます

まるでインスタントコーヒーを淹れているみたい('Д')



注ぐ量はカップ内のラインまで

この線までで容量は260mlです。
それより少なめに作るのは調整できそうです。



フタをして蒸らしていきます

4分程のんびり待ちます。



待っている間にお片付け

各パーツにバラします。



ポット部分に収納します

あらスッキリ。
110缶なら丸ごと入って優秀君。



片付けと草むしりしていたら4分経ちました

カップの溝にプランジャーを合わせて、ゆっくりとプレスしていきます。
「ゆっくりと」がポイントです。



最後までしっかり押し込みます

底にしっかり押し込んで完成です。



ではいただきます

クンクン……ふーふー…あっつ!
………
普段はこの豆をペーパードリップで頂いているのですが、コクが足されたような気がする…
なんか旨いぞ(*´ω`)
私のような稚拙なハンドドリッパーは入れるたびに味が違うのですが、
これなら安定して淹れられそうです。
好みの豆探しの旅も捗りそうです!



今回のお供達

・MSR ウインドバーナー パーソナルストーブシステム


・KINTO CAFEPRESS


・ナルゲン 広口0.5l Tritan

最新のブログ