STAFF BLOGスタッフブログ

スタッフブログ

書いている人

スタッフ複数名で担当します。
それぞれに様々な悲喜交々を徒然なるままに…

2020年11月26日

商品紹介

ストームクッカー

 



どうも、ソロキャンパー荒木です。

 



 

今回は購入したギアのお話を少し。

 




 

私が今回購入したのは

 



 

 

『Trangia ストームクッカーL デュオーサル』


 

 

 

 




 

かなり悩みました。

 



 

 

購入理由は

 


 

 

 

キャンプで手軽に鍋がしたかった。

 

 


 

 

そして、キャンプを始めて数年経ちますが

 



 

 

 

今までクッカーセットを何も持ってなかった。

 

 


 

 

 

そこで、シンプルなデザインのストームクッカーに惹かれて購入しました。

 

 

 



 

サイズもSとLで悩みましたが

 

 

 

 

 

Sサイズのソースパンは1.0Lが2つ。

 



 

Lサイズのソースパンは1.5Lと1.75Lの2つ。


 

 

 

サイズ感はSの方が好みでしたが

 

 

 

 

鍋として使用するには小さく感じたのでLにしました。

 

 



また、Trangiaにある鍋でビリーコッヘルという商品があります。






ビリーコッヘルのサイズ展開では1Lの次が2.5L。





1人鍋に2.5Lは大きく、





1.5L程度のソースパンが追加で購入できない点が





大きな決め手となりました。
 

 

 

デュオーサルにした理由は

 

 

 

 

 

全部シルバーでカッコ良かった。笑

 

 

 

 

あとは、ブラックバージョンやULなどにあるノンスティック加工が個人的にハマりませんでした。

 

 

 

 

ノンスティック加工剥げたら嫌だな〜と思いながら使うぐらいであれば

 

 

 

 

最初からノンスティック加工されてないやつ!みたいな。

 

 

 

 

あと、オプションでマルチディスクを購入しました。

 

 

 

Lサイズを購入したので21cmのモノを購入しました。

 

 

 

 

この商品は湯切りやまな板、雪上ではストームクッカーの土台として使えます。

 

 

 

 

しかし、私が購入する決め手となったのは

 

 

 

 

 

収納時、フライパンの内面を保護してくれること。

 

 

移動してる時などの振動で

 

 

 

フライパンの内面がソースパンなどと当たり

 

 

 

 

傷が付くことから守ってくれる役割を期待しております。

 

 

 

 

完璧だと思い家に帰って、ひとつ失敗に気付きました。

 

 

 

 

私はTrangiaのケトル0.6Lを持っているのですが

 

 

 

 

ストームクッカーLのゴトクだと少し大きくて乗らなかったのです。

 













 

 

悲しかった。









とても悲しかった。

 

 


 

 

解決策は







大きいケトルを買う。

 

 

 

 

もしくは、






カタログを見ているとTrangiaのパンスタンドがいい感じに使えそう…!

 

 

 

 

当店には現在在庫がないので、入ってきたら検討してみたいと思います。

 

 

 

 

書いた内容を読み返すとストームクッカー自体のことはあまり説明できてませんが。笑

 

 

 

 

また別の機会に。笑


 

最新のブログ